忍者ブログ
九州一円を拠点に活動する救助犬協会のブログです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
Posted by krda_master - 2015.06.18,Thu
平成27年6月17日(水)15日~16日にかけて捜索を行ったが未発見に終わったえびのの不明者事案のその後の報告で、宮崎県小林市において不明者本人らしき情報を得たとの報告を受け、間もなく保護されるでしょうとの連絡があった。結果、生存での保護が出来るのを期待したい。
PR
Posted by krda_master - 2015.06.15,Mon
平成27年6月15日(月)宮崎県えびの署より不明者捜索の要請があった。不明者(男性)は、15日朝6時前に、出勤で家を出た後、職場に出勤してないとの連絡が自宅にあり、家族の携帯の履歴に自殺を仄めかすメッセージがあったため、家族より警察署に連絡、捜索が広範囲になるため、車が発見された場所(狗留孫/クルソン/大橋/)一帯を警察や捜索隊300名と警察犬を入れ、捜索するが発見に至らず、現場は険しい山岳地帯で足取りが掴めないまま、日没により捜索終了16日早朝より再捜索に入るため、救助犬の要請となった。協会より、開田部長、新久保指導士、脇田指導士、竹原指導士の4名が捜索に入る予定。
山岳捜索のため、救助犬の数は多い方が広範囲を捜索する上では効果的ではあるが、平日の捜索には厳しいものがある。明日の捜索に期待したい。
Posted by krda_master - 2015.06.13,Sat
平成27年6月13日(土曜日)午前10時、福岡県行橋市警察署より行方不明者の捜索依頼があった。家族からの捜索願いを警察が聞き入れた事案である。59歳、女性 6月7日夕刻(日曜日)ショッピングセンターに買い物に来ていて、目を離したすきに居なくなったようだ。本人は家から出ることがあまりなく、久しぶりの外出であったらしい。5日間、家族と警察関係者による捜索を行ったが発見できないまま、今日になったようである。
本人追跡を試みた結果、ドライブレコーダによる最終確認地点が山口県下関市角島付近であることが分かった。家族の切実な思いを酌み、捜索に参加することを決定し、6月14日(日曜日)に捜索を開始する。協会から、谷川指導士・河野指導士・光橋指導士・坂本指導士・田中指導士・松尾指導士の6名と救助犬8頭が出動する。現地に9時までに入り、打ち合わせを行い、午前9時より捜索を開始する事を指示、光橋先生を指揮リーダーで河野指導士を副につけ、また、記録と情報を坂本指導士にお願いした。角島全域になるため、又、天候にも左右されるための、万全な体制で臨むことも合わせて指示。皆さんの日頃の訓練の成果を発揮し、生存での発見に期待する。頑張ってほしい。(かなりの遠距離になるため、車の運転にも十分気を付けて頂きたい)
Posted by krda_master - 2014.08.28,Thu


 平成26年8月22日に広島に向け、開田部長をリーダーに6名、救助犬9頭が出動した。翌朝の一斉捜索から指揮下の下活動を開始する。
23日は5時30分より行方不明者が多く出ている八木地区を中心に自衛隊、消防、警察との捜索
雨が断続的に降る中、2次災害に注意しながらの捜索であり、時折、撤収、待機にもどかしい気持ちが漂う、各団体の救助犬もかなり現場に入っていた。日本レスキュー、日本捜索救助犬協会や富山災害ネット、静岡救助犬協会など、延べ、80頭以上と報告を受けた。
協会も24日の(日)午前中まで、全員捜索活動に参加した。午後からは坂本,光橋先生が残り捜索、夕方、坂本指導士が大分へ、光橋先生は2頭の救助犬と共に25日~26日夕方まで、海自の警備犬、県警の警察犬と合同捜索に参加した。現場での救助犬の必要性が多くの救助隊からの声が上がるが、対策本部と現場との連携がうまく取れてないようだとの報告を受けた。
しかし、現場で救助犬が反応を示す場所から数名の行方不明者が発見されたことは、救助犬の育成に携わる人たちにとって誇りに思うものである。
発生から、一週間が過ぎ、死者数が70名を超え、行方不明者もまだ、10名以上見つかってない。亡くなった皆様には、心からご冥福をお祈り申し上げるとともに、行方不明者皆様のいち早い発見を祈るばかりである。出動された皆様には心から感謝申し上げますと共に大変お疲れ様でした。

Posted by krda_master - 2014.08.21,Thu
20未明に発生した土石流災害が広島市安佐南区・北区を襲った。
自衛隊・消防・警察広域機動隊など3400名態勢で懸命の救助活動を行っている。
しかし39名以上の方が死亡確認され、また、不明者捜索も当初(7名)の人数をかなり上回った数字が(50名以上)発表された。対策本部や県警も収集できないほど、広域的にまた、現場状況も厳しく把握できない状況である。
現在5団体の救助犬が捜索にあたっている。
協会も広島市消防局安佐南区緑井地区対策本部からの要請を受け、22日(金)に広島に向け出動する。
開田部長(熊本)をリーダーに・河野指導士(佐賀)永渕指導士(佐賀)・坂本指導士(大分)
光橋先生(大分)補助員として米原・指導士6名 救助犬8頭(サポート犬含む)
厳しい状況下の下、日頃の練習の成果をいかんなく発揮し、一人でも多くの不明者の捜索に全力を尽くし頑張って来ることを望む。また、事故、怪我の無きよう祈る。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 5 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/24 エルメスコピー]
[11/24 偽ブランド財布]
[11/24 UGG靴 韓国 コピー]
[11/24 カルティエコピー]
[11/24 人気スーパーコピー]
プロフィール
HN:
krda_master
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]