忍者ブログ
九州一円を拠点に活動する救助犬協会のブログです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
Posted by - 2019.10.16,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by krda_master - 2017.07.11,Tue
7月11日午前8時に朝倉災害対策本部(岡山市消防局指令)より出動要請が来たが時間的に難しいため、今日での対応が出来ない為、明日、12日の捜索でお願いし、指導士の連絡調整に入る。今回で4日目(6日、8日、9日、)の出動である。今回の出動指導士は、開田部長、坂本指導士(大分/国東市)、鎌田指導士(宮崎/都城市)竹原指導士(鹿児島/阿久根市)の4名と救助犬5頭を派遣する。午前6時に朝倉市役所に集合する。
未だ、朝倉には不明者が20名近くいる。「一人でも多くの命を救う、そして家族のもとへ」を胸に頑張ってほしい。また、現場の環境もまだまだ厳しいため、体調にも気を付けてもらいたい。
PR
Posted by krda_master - 2017.07.08,Sat
午前7時集合 対策本部にて打ち合わせ行った。指導士4名、救助犬4頭がそれぞれの地区へ入った。開田部長・朝倉市杷木久喜宮地区へ・坂本指導士・大山地区へ・河野指導士・菱野地区へ・ 
永渕指導士・林田地区へ入った。土石流の堆積によりまた、1地区に1頭となり厳しい捜索活動となった。明日も引き続き朝倉地区にはいる。8頭が捜索に入る。いち早い発見を期待する。
また、午後10時、福岡県庁災害対策本部・自衛隊本部指揮官より東峰村に救助犬3頭の捜索要請が入った。午前5時30分に3頭を東峰村に出動させる。本隊が入る前に救助犬による捜索を行う。
尚、今回は、県庁防災担当課、福岡県警、陸上自衛隊との連携がうまく取れたと思う。どこの現場隊において救助犬に対する知識や必要性を得た担当者がいれば、もっと円滑に捜索が出来ると考えられる。日頃の各県における総合防災訓練での連携が重要なポイントである
参加指導士・開田部長・新久保指導士・坂元指導士が東峰村に3頭。
朝倉市杷木地区その他の地区に5頭出動する。坂本指導士(大分)河口指導士(熊本)足立指導士(熊もよ)松尾指導士(福岡)竹原指導士(鹿児島)
Posted by krda_master - 2017.07.08,Sat
平成29年7月7日朝倉市役所より救助犬の出動要請が来ました。6日(木曜日)に捜索活動を福岡県警と合同捜索を行い、未だ、杷木地区2か所で3名の行方不明者がおり、8日(土曜日)の早朝より再捜索を開始する。朝倉市役所7時~8時集合(九州自動車道一部通行止めのため)
協会より開田部長(熊本)坂本指導士(大分)河野指導士(佐賀)永渕指導士(佐賀)救助犬4頭が出動する。また、日曜日の捜索要請に(大分県日田市)に合わせ、日曜日に指導士4名と4頭の救助犬を待機させている。
Posted by krda_master - 2017.07.06,Thu
平成29年7月6日(木)記録的な大雨が福岡県を中心に降っています。福岡県朝倉市も記録的な豪雨のため行方不明者が子供を含め10名前後出ています。現在、九州災害救助犬協会より朝倉市役所対策本部に(河野指導士・永渕指導士・坂本指導士・救助犬3頭)が出動しています。福岡県警との合同捜索に入りました。
Posted by krda_master - 2016.04.22,Fri
全日本救助犬団体協議会及び応援部隊の皆様
今回の熊本大震災において、団体協議会(日本レスキュー)の皆様には、大変お世話になりました。震災発生直後15日には、益城の被災地にいち早く駆け付けて頂き有難うございました。
また、日本捜索救助犬の江口様には、情報の提供並びに待機という苦渋の英断をされたことに、心から感謝申し上げます。協会も14日の発生以来県の要請、県警の要請にフルに活動をいたしました。15日~18日までの4日間延べ、28頭の救助犬と25名の指導士が益城町、南阿蘇村の被災地に入りました。倒壊家屋の安否確認及び土砂災害現場に、まだまだ、余震が続く中、懸命の捜索活動が行われました。本日まで、59名の方がお亡くなりになられ、2名の方が不明となっています。18日活動終了後の対策調整会議の中で、救助犬の捜索活動の終了を確認しました。
今回の震災においての他の団体との情報の共有や連携などの課題も見えてきました。
九州救助犬協会も平成21年に熊本県との災害出動協定を締結しており、今回も災害対策本部に各機関との調整役として県警ブースに坂本指導士(大分県国東市)を終了までつけました。毎日の捜索終了時の報告会議、次日の頭数確認、振り分けなど、随時各機関(自衛隊、消防、警察)の要請に応えるべく窓口を一本化に出来たことがよかったと思います。しかし、他の団体の不意の行動により諸注意を受けたことも事実です。現場においては、地元の救助犬協会の指揮下に入り活動することが、捜索活動の基本だと考えます。すべての現場において。今後は、全国の救助犬団体の皆様との災害発生後速やかに連携を図って行きたいと思います。駆け付けていただいたすべての応援部隊の皆様に感謝と御礼を申し上げます。有難うございました。

                                 平成28年4月22日
                    NPO法人九州災害救助犬協会 事務局統括 東勝己
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/08 エルメス コピー]
[06/08 バレンシアガ スーパーコピー]
[06/08 ヴィトンコピー激安]
[06/08 バレンシアガ コピー]
[06/08 ブランドヴィトン スーパーコピー]
プロフィール
HN:
krda_master
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]